FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

プロフェッショナル~仕事の流儀~

28日の対戦会が終わるまでポケモンはたぶん書かないので
自分が面白いと思ったモノを紹介しようかなと

及川さん

NHK総合で放送されてるコレのことです

今回はGoogle東京オフィスの
シニアエンジニアリングマネージャーである及川卓也さんの回だったので
馴染みやすいかなぁと思い紹介させてもらいます
(先週の給食のおばちゃんも面白かったんですけどねw)

↓番組の中で紹介された及川さんの言葉をご紹介
※番組側の注釈も加えています
(私の注釈ではありませんのであしからず)


・世界を変えよう
世界最先端のIT企業で、パソコンやインターネット関連の
新しいソフトやサービスの開発にあたる及川。
40人以上のエンジニアを率いるリーダーとして
「世界を変える」ようなインパクトのあるものを常に志す。
「世界を変えるとは、今までの仕組みを変えて
新しい価値観を提供し、社会をより良くすること」と語る及川。
その高い志がチームを鼓舞し、大きな成果を生むと信じている。


・“当たり前”を、否定せよ
及川の率いるチームのエンジニアたちは、秀でた才能を持つ個性派ぞろい。
その能力をフルに発揮させることを及川は心がける。
そのために及川は、できるだけ話を聞く側に回る。
そして、開発が壁にぶつかったり、インパクトに欠けると感じると
あえて根本的な問いを投げかける。
話が振り出しに戻ったり、遠回りすることもいとわない。
皆が「当たり前」だと思っていることに疑問を投げかける中から
それまでにない独創的なアイデアや画期的な開発が生まれると考えている。


・掲げた理想は、絶対に下げない


・人の心の痛みが分からなければ人の上には立てない


・“変える痛み”から、逃げない


・同じリスクなら“世界を変える”リスクを取れ
新たな開発などに踏み出すかどうか、判断に迷ったとき
及川はできる限り前に進む決断をする。
今の世の中、“変える痛み”を恐れてその場にとどまっていることにも、リスクはある。
ならば、一歩踏み出し、やりたいことに挑戦するほうにかけるのが及川の流儀だ。
「すべてのことに対してリスクはある。
ならば、未来や夢に向かって積極的にリスクを取りにいき
自分が挑戦したいものに挑むほうがいい。」


及川卓也さんにとってのプロフェッショナルとは・・・・
「新しい世界を切り開くというのは、
一人ではかなり難しいことだと思います。
ですので、私にとってのプロフェッショナルというのは、
いかに人をひきつけるかを常に考え、そのための努力を
続けていく人かなという風に思います。」



自分の感想としては
「リーダーとはどうあるべきか」に凄く重点を置いている方という印象
自分を押し殺してでも周囲の活性化が最優先という考え方は
頭ではわかっていても、なかなか実行できることではありません
完全に理想の上司です
こうなりたい、こうありたいと思わされました

TV番組なので多少脚色されてる部分はあると思います
なので、全て鵜呑みにしてしまうのは危険ですが
こういった番組に特集される方というのは
人を惹きつけるものを少なからず持っているということなので
絶対に自分の人生に役立つ学べるものがあると自分は思っています

好みの問題もあるので面白くないと思われる方も当然いると思いますが
私個人としては1度見てみることをお勧めしています
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 

カウンター
検索フォーム
プロフィール

reonji(れおんじ)   ポケモン以外も書くのであしからず

Author:reonji(れおんじ)   ポケモン以外も書くのであしからず

カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。